横浜港花火大会

8月に入っても相も変わらず忙しいとあたふたしていたら、
もうお盆も終わりです。

夏らしいレジャーを過ごせぬまま終わる、というのも寂しいですし、
妻にも申し訳ないので、洋上花火見物してきました。

東日本大震災の影響で、各地の花火大会の自粛や中止が相次いだ中、
横浜港での神奈川新聞花火大会が例年より少し遅れて開催。

周辺は大混雑が予想できたので、
知り合いのチャーターボートさんにお願いしての洋上見物です。

Photo

東神奈川のチャーターボート、STRIKER(ストライカー)さん。
日頃は魚釣りでお世話になってるガイドボートです。

Photo_2

ダンディなキャプテンの柿沢さん。
記念撮影などのカメラマンも気軽にお願いできます。

Photo_3

周辺は交通規制でクルマは入れなくなります。
でもボートならベストポジションへひとっ飛び。

Mm_3

運河から5分ほどでみなとみらい地区へ。
Photo_12

岸壁は幾重もの人だらけでした。
Photo_4
海上保安庁前にポジションを決めます。
ここなら水難事故があっても、すぐに救助が来て安心(^_^;)
Mm2_4

日が暮れてきて、ストライカー僚船の早川艇も到着。
Photo_5

こちらは女性3人のようです。

花火大会スタート。
Photo_6

2

他人を気にせずに花火にひたります。
3

花火の光が水面やホテルの窓に反射して不思議な雰囲気。
Photo_7

水上の打ち上げ船からの軌跡も全て堪能。
4

きれいです。
5

自粛ムードなのか不景気だからなのか、
花火大会は1時間も行われず、実質50分程度。
でも視界を遮るものがない中、十分堪能できました。

その後柿沢キャプテン、気を利かしてくれて運河クルーズで帰ります。
赤レンガ倉庫前。
Photo_8
みなとみらい。
Photo_9
岸壁は駅へ帰る数万の人、また人。
2_2
3_2
陸橋も人だらけ。
でも手を振ってくる人もいて、楽しそうです。
2_3
観覧車が近づいてきます。
Photo_10
色が様々に変わり、これはこれで花火とは違う鮮やかさ。

その後柿沢キャプテンに夫婦そろっての記念撮影を
していただき、クルーズ終了。
ちょっと贅沢な花火見物です。

さて、ストライカーさんはクルーザーボートを計4隻保有し、
釣りやクルージングなど、ニーズに合わせて東京湾をガイドしてくれます。

http://salt-striker.com/
(完全予約制)

今の季節は、納涼を兼ねたナイトクルーズがお勧めです。
日常とは違う、まるでSFの世界のようなコンビナートの夜景、
クラシカルな運河など、陸地からは体験出来ない景色が沢山。

少しずつ口コミで広がり、最近は女性グループでのお客さんも
増えているようです。

さて、夫婦で帰宅したら、娘たちがしっぽでお出迎え。

Photo_11

姉妹でしっぽをクロスしています(^_^)

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへ

“横浜港花火大会” への2件の返信

  1. こんにちは、みっチャンです。
    いいなぁ、船上クルーズ&花火見物。
    ここ宮城では復興の景気づけに今夏は町内会の花火大会があちこちでありました。
    とはいえ、ここ最近は見に行った事無いです。
    静岡で暮らしていた時には自宅で見えてたんで、花火見ながら食事とかも。
    夫婦して人混みがつらくなってます。
    愛ちゃん、夢ちゃん、尻尾のクロス、かわいいぃ~~っ!!
    ふっさふっさのしっぽ、先の方までクロスしてすっごく仲良いんですねぇ。

  2. みっチャンさん、こんばんは。
    花火クルーズは、罪ほろぼしで手配したんですが、
    思いのほか喜んでくれました(汗)
    神奈川の方は、今回中止が相次ぎました。
    会場用にレンタルの発電機とかを沢山使うらしいのですが、
    今年は被災地優先という事で中止した事情もあったようです。
    宮城では今年は花火大会、多いんですね。
    景気づけにどんどんとイベントやお祭りして、
    前よりももっと素敵な街になっていって欲しいです~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。