抱っこふみふみ

GWも終わりの深夜、というか早朝に近い昨夜。
いつもの通り、猫をあやしていました。
子猫たちは姉妹でも、性格はかなり違います。

マイペース型でのびのびと私達に甘える夢ちゃんに対して、
繊細で情緒豊かになってきている愛ちゃんは、
私達に素直に甘えられない子です。
子猫らしく最初は甘えるものの、
すぐに我に返って甘えるのを止めてしまう。

「しっかりしなくちゃ」

まるでそんな素振りです。
人間不信、というよりは、
無理に早く大人になろうとしている、
私達にはそういう風に見えています。

母猫の保護がまだ必要な生後40日前後で、
人間の都合で引き離された子達です。
精神や情緒的に不安定になってしまうのはやむを得ない話。
成長が早く賢い愛ちゃんは、
早く大人になる事で乗り越えようとしたようにも見え、
それがとてもいじらしく思います。

さてそんな昨夜の事。
のびのびと私達に甘える夢ちゃんは、
私達夫婦の間の枕元でスヤスヤ寝ています。
Photo
幸せそうな寝顔です。
2

一方の愛ちゃんは、夢ちゃんと同様に私達の間に入って、
一度は甘えようとするのですが、
いつも通り我に返ってすぐにベッドから出てしまう。

ベッド正面の衣装棚が愛ちゃんのマイスペース。
Photo_2
甘えて寝ている夢ちゃんを見ながら、

2_2
ひとりで寝てしまいます。

いじらしく、どうにかしたいという気持ちで、
愛ちゃんを仰向けに、人間の赤ん坊を抱くように抱っこしてみます。
そして愛ちゃんの名前を囁くように、何度も話しかけました。

5分ほどずっと、子守歌のように囁いていたら、
少しは気持ちが届いたのでしょうか、
愛ちゃんは目を瞑り、
私の頬に、前脚を交互に押しつける仕草を始めました。

抱っこされながらの「ふみふみ」です。
ふみふみは、赤ちゃん猫がお母さん猫の
おっぱいを呑んでいる時にする仕草。
お母さん猫の事を思い出しているのかも知れません。

大人びた顔が赤ん坊の顔に戻り、ゴロゴロと喉を鳴らしながら、
私の頬をずっとふみふみします。
10分以上、ずっとふみふみをして、そして私の腕の中で熟睡。
(可愛らしくて、写真かビデオを撮りたかったのですが、抱っこで両手が塞がってました)

たぶん、今夜もまた愛ちゃんは、
甘えたくても素直に甘えられない子に戻っていると思います。
とても幼いうちに、人間の都合で親と引き離されたのですから、
その心の隙間は一朝一夕で埋める事は出来ません。

でも少しずつ、
愛ちゃんとの心の距離が近くなってきているような、
そんな気がした出来事でした。

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ サイベリアンへ にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。